運転の仕方で変わる自動車の燃費

subpage-img

ハイブリッドカーをはじめとする燃費の良い自動車が人気です。
ガソリン代が140円前後と高止まりしているので、やはり燃費の悪い自動車は敬遠され、少しでも燃費の良い自動車に注目が集まるのでしょう。メーカーも燃費競争を展開し、燃費の良いエンジンの研究開発に余念がありません。

営業車のラッピング情報を選びました。

ところで、自動車のカタログを見ると、燃費を示す項目にJC08モードと書いてあります。


2011年4月以前は1015モードという燃費を示す表示でしたので、戸惑った人も多いことでしょう。

JC08モードは1015モードに比べるとより実燃費に近いのが特徴で、細かい速度変化で運転したり、エンジンが暖かい状態と冷えた状態の両方でスタートさせたりなど、細かく計測されています。


その結果、JC08モードは1015モードに比べると1割程度低くなると言われています。



JC08モードはそのクルマの燃費性能を知ることができ、他のクルマとの燃費比較にも役立ちます。

ただ、実燃費に近い数値とはいえ、運転の仕方で燃費は大きく変わります。



信号や渋滞が多くて、ストップ&ゴーが多い都心部に比べて、信号が少なく渋滞もない田舎道を走れば燃費は大幅に良くなります。
またゆっくり発進するのと、アクセルを大きく踏み込んで急発進をするのとでは、やはり燃費が大きく異なります。ムダな荷物をトランクに積んでいるのも燃費には良くありません。
クルマは重いほど燃費は確実に悪化するからです。

自動車の燃費性能だけでなく、ドライバーの運転でも燃費は大きく変わることを忘れないことが省燃費運転には大切ですね。

top