自動車の基本的なメンテナンス

subpage-img

自動車を長く乗り続けたいなら、定期的なメンテナンスが大切です。
基本的なメンテナンスとしてはエンジンオイルの交換があります。


エンジンオイルというのは、エンジン内部の汚れを除去するもので、エンジン性能を維持するために欠かせません。

基本も充実した車のラッピングに関して悩んだら、是非お試し下さい。

エンジンオイルの交換を怠ると、不完全燃焼を起こすようになり、エンジンに良くありません。交換時期は5000キロごとに交換すると安心です。あまり距離を乗らない方は、1年毎の交換でも良いでしょう。また、エンジンオイルの交換に合わせて2回に1回はフィルターも交換します。他のオイル関係では、2万キロごとにオートマミッションオイルを交換すると、ギアがスムーズに変速します。

オートマミッションオイルの交換をしない人も少なくないようですが、変速ショックがだんだんと大きくなったり、燃費が悪化したりするので、定期的な交換がおすすめです。



ブレーキオイルは車検ごとに交換すると安心です。


また、自動車のボディを美しく保つためには、定期的なコーティングが重要です。

艶が美しいワックスよりも、最近はより強い被膜で自動車のボディを守るガラスコーティング剤が人気です。


水にぬれた状態でも塗布することができる手軽さと、一度塗布すると長期間効果を持続できる耐久性が魅力です。コーティング後は、汚れても簡単にふき取ることができ、傷も付き難くなります。
プロに依頼すると、数年はコーティングをしなくても良いので楽ですよ。



top