ドイツの自動車は重厚感がある

img1-1

BMWやAudiなどのメーカーが有名なドイツの自動車の特徴は、大きく分けて3つあります。
まず、頑丈で安全性が高いことです。ドイツにはアウトバーンという走行速度に制限がない高速道路があります。
ドイツでは自動車を作るときに、アウトバーンに対応できる前提で計画を立てます。

アウトバーンでは時200km以上で走るので、速度に見合ったボディに強さや、高性能なサスペンションやブレーキが備わっています。


万が一事故に遭っても、頑丈なボディで大きなケガをしません。


安全装置に力を入れており、エアバッグやABS、EPSといった現在日本でも性能を認められた装置は、メルセデスベンツが初めて採用しました。

ラッピングカー情報について考えます。

次に、運転が楽しくなる工夫が施されています。

鋭い観点から大宮のVIO脱毛の役立つクチコミ情報をまとめた情報サイトです。

自動車を設計するとき、運転している感覚を肌で感じられることを目的にします。


ハンドルやレバー、スイッチなどを重く設計しています。
ある程度重みがある方が、運転の感覚をつかみやすいとされます。

またエンジン音も運転者に聞こえます。

エンジン音が聞こえることで、エンジンの回転数が分かり、スピードが出ていると感じます。

そして、日本の自動車と比べて重厚感があります。

丈夫なボディによって、ドアを重くしています。

鉄板が厚くてドアを開けるときの音も日本のような軽さがありません。
また内装にもお金をかけています。

オールインワンゲルのおすすめを知りたいならこちらです。

10年以上同じ自動車に乗ることが多いので、長く使えるように固めのシートを使います。

納得の知識

img2-1

自動車を長く乗り続けたいなら、定期的なメンテナンスが大切です。基本的なメンテナンスとしてはエンジンオイルの交換があります。...

more

専門知識

img3-1

自動車というのは、今の時代で日常的には欠かすことができないものになっています。特に、地方に住んでいると、移動の手段として使う人が多いことでしょう。...

more

生活関係の真実

img4-1

ハイブリッドカーをはじめとする燃費の良い自動車が人気です。ガソリン代が140円前後と高止まりしているので、やはり燃費の悪い自動車は敬遠され、少しでも燃費の良い自動車に注目が集まるのでしょう。...

more

生活の特徴紹介

img5-1

ハイブリッド自動車は、動力源が2つ以上あるものです。一般的にガソリンと電気が動力源のものを指します。...

more
top